出会いがSNSやアプリの際の配偶者ビザ申請

基礎知識

SNSやネットで出会った際の注意点

日本で一緒に生活するために必要な“配偶者ビザ”ですが、結婚をすれば取得できるものではなく日本にある入国管理局にて審査し許可をもらう必要があります。

 

Q. その中でSNSやインターネット上で出会った際は審査上不利になるのでしょうか?

A. インターネット上で出会ったとしてもそれだけを理由に不許可になることはありません。

ただし、申請においては出会ってから結婚までの経緯を丁寧に説明していく必要がでてきます。

 

審査のポイント

  • 交際期間
  • 実際に会った回数
  • コミュニケーションが取れているか(言語)

上記はその審査ポイントの一部で、ネットで出会うことは簡単になりましたが、SNSを使うとメールよりもコミュニケーションが素早く取れて交際までの期間や結婚までの期間までも短くなる傾向にあります。

また実際に会わなくてもテレビ電話などで相手の顔を見ることも可能で、たとえ言語がうまく伝わらなくても翻訳アプリを使用すればネット上でコミュニケーションはとれてしまいます。

 

とても便利になった世の中ではありますが、上記で述べたことは配偶者ビザの申請においては不利になることがあります。

特に言語の部分ですが、翻訳アプリのみで会話をしている場合で、実際に会った際にコミュニケーションがとれないとなると、審査に影響を及ぼす可能性があります

 

もちろん結婚をして日本で一緒に生活することを考えているので、会話も共通言語で会話ができるようにお互い努力はされているとは思いますが、そういった証拠なども審査の時に役立つ可能性がありますので、保存しておくと良いです。

 

マッチングアプリで出会っても大丈夫か?

マッチングアプリは今世界中にたくさんあり、簡単に海外に住んでいる人と繋がることが可能になりました。

 

そしてこのマッチングアプリは配偶者ビザ申請において悪いわけではありません。

ただし上記で説明したような問題が生じる可能性はありますので注意が必要です。

 

その他注意点としては、配偶者ビザを申請するには事実婚ではなく法律婚が必要で、どちらの国でも認めてもらっている必要があります。

相手が既婚である場合には、離婚後(女性の場合は国によって再婚禁止期間あり)に再度結婚手続きをする必要がありますので、お付き合いが始まって結婚を意識するようになった際には事前に確認をしておくことが必要になります。

 

コミュニケーションが取れているかは重要

SNSやインターネット上での出会いの中で特に注意してもらいたいのがコミュニケーションです。

 

ネット上では翻訳アプリがありどこの国の言語であっても翻訳してくれますが、場合によっては内容が理解できない翻訳の場合もあります。

そういったことが判明すると、配偶者ビザの審査では”相手はビザ目的の偽装結婚なのではないか”という疑念を持ってしまいます。

 

そうなると追加でより詳細な資料を求めたり、審査自体が長引いたりし心配な日々が続いてしまいます。

そうならないためにも日々のやりとり(コミュニケーション)も大切になってきます。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください