【経営管理ビザ】外国人が会社役員になる場合

ビジネスビザ

外国人が会社役員になる場合

外国人の方が、会社役員や管理職(部長や支店長など)になる場合には、経営管理ビザを取得する必要があります。

この経営管理ビザは、資本金500万円の出資が必要という情報がありますが、自分で起業する場合(経営)以外の下記の場合、

  • 会社の役員に昇進する
  • 部長や支店長などに昇進する
  • 外国人を既存会社の役員に向かい入れる

 

などと言った場合(管理)は、500万円の出資ではなく実務経験の証明で取得する形になります。

 

ここで経営管理ビザの説明を簡単にさせていただきます。

経営管理ビザは、2015年3月までは「投資経営」という名前の在留資格でしたが、2015年4月から「経営管理」に名称が変更され、内容も変わりました。

経営管理ビザは、その名前の通り、「経営」と「管理」に分かれており、「経営」とは日本で起業したりして代表取締役などになり、会社経営していくことを指し、この場合は、500万円の資本金を投資する方法が一般的です。

一方、「管理」とは、経営とは異なり、管理職(部長や支店長など)に就くことを指しています。

一般的な就労ビザを「技術・人文知識・国際業務」と言いますが、管理職に昇進する場合は、ビザの変更も必要となってきます。

 

実務経験の証明方法

管理職に就く場合には、実務経験を証明すると書きましたが「在職証明書」で証明していくことになります。

では一体どういった内容を証明するのかと言うと、

「経営」または「管理」の経験の実務経験が3年以上

あるかになります。

この実務経験には、「大学院」で経営や管理に係る科目を専攻していた場合は、その期間を実務経験として算入することが可能となります。これは大学院のみ認められており、大学の専攻は算入不可ですのでお気を付けください。

 

外国人の報酬額について

管理職として経営管理ビザを取得する場合には、具体的に2つの要件がございます。

外国人が管理職になれる要件

  • 経営または管理の実務経験が3年以上
  • 日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬であること

 

上記となります。

実務経験はご説明しましたので、ここでは報酬部分についてご説明いたします。

報酬については、外国人ということだけを理由に報酬額に差をつけてはいけないというルールがあり、同じポジションの日本人がすでに会社にいる場合には、その方との給与が著しく違う場合は認められない可能性がありますので注意してください。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください

アクセス

住所
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-1-7新宿ダイカンプラザA館1123
アクセス
JR「新宿駅」西口より徒歩5分
都営大江戸線「新宿西口駅」D5出口より徒歩1分
西武新宿線「西武新宿駅」より徒歩2分

新宿駅からのアクセス経路

新宿駅の西口にでます。
目の前にコクーンタワーが見えます。

西口に出たら右に進みます。
ユニクロが見えてきますのでそのまま直進します。

思い出横丁が見えてきます。
そのまま直進します。

大ガードの大きな交差点が見えてきます。
交差点を渡り、さらに直進します

直進するとカラオケ館が見えます。

カラオケ館の横に事務所の入り口がございます。こちらの1123号室になります。