会った回数が少ない場合の対処法(配偶者ビザ)

基礎知識

配偶者ビザ申請前に会ったことが少ない理由を整理する

日本で一緒に暮らす場合には、配偶者ビザが必要になります。

 

ただしこの配偶者ビザは結婚すれば必ずとれるものではなく、

「結婚の信憑性」

「収入の安定性」

などの審査があり、審査次第では不許可になってしまうこともあります。

 

入管の審査では、ビザ目的で結婚するのではないかと言う目線でまず審査に入るので、そうではないことをこちらから証明をする必要があります。

 

その中で「結婚前に実際に会った回数」も審査の中では重要です。

 

そもそも今の時代SNSで出会うことも多いので、日本で出会った以外は基本的に遠距離恋愛になるかと思います。

カップルそれぞれの事情があり、会いに行ったり日本に会いに来てもらったりすることも頻繁にはできないこともあるかと思いますが、まずは会った回数と日付は把握しておいてください。

 

何回会えば審査は通るのか?

Q. 何回会えば、少なくないと言えるのでしょうか?

A. ビザプロの実績から基準にしているのは2回以上です。

これは入国管理局の基準ではなく、当社(ビザプロ)の実績に基づく基準になります。

もちろん1回だからダメということではありませんが、

 

「1回も会ったことがない」

「1回しか会ったことがない」

 

といった場合には、「結婚を決めた理由」「交際期間の長さ」によって配偶者ビザ取得の可能性は変わってきます。

 

会ったことが少ない場合の対処法

実際に会った回数が少ない人の場合、ポイントは下記になります。

 

  1. 連絡を取りあっているか
  2. コミュニケーションは取れているか(言語は通じているか)

具体的に連絡を取りあっているかについては、

 

「LINEやメッセンジャー等のコミュニケーションツールで毎日連絡を取り合っている」

「電話している」

 

などで証明していくことになりますので、その履歴を残しておくことが大切になります。

 

コミュニケーションは取れているかについては、「言語」が大切になります。

 

基本的には会話が成り立っていることが必要になり、全くお互いの言語が通じ合わずスタンプだけのやりとりだけだと、毎日連絡を取り合っているとしても審査は厳しくなります

 

言葉が通じない場合は、Google翻訳やLINEの自動翻訳機能などがありますが翻訳アプリを使っていても問題はありません。

問題となるのは、翻訳アプリを使っていても会話が成り立っていない場合です。

この場合は、ある程度相手の言語もしくは共通言語として英語など、コミュニケーションがとれる言語の習得をしていくことが大切になります。

 

日本に呼ぶことを検討してみる

実際に会った回数が1回や2回の場合、ビザプロからの提案として

「日本に呼んでみるのはいかがでしょうか?」

というものです。

 

配偶者ビザ申請をするということは日本で今後一緒に生活をすることになるので、日本の環境や生活に慣れたり、ご両親への挨拶なども兼ねて一度日本に呼ぶことが可能であれば行って頂きたいです。

 

その際に何度も日本に来れないということであれば、ビザ免許国以外の国の人であれば日本に来る際に90日の知人訪問(恋人訪問)のビザを取得して頂き来日してください。

観光ビザの方が簡単だという理由だけで、本来の目的は親族への挨拶や恋人訪問にも関わらず、観光ビザを取ると、後の配偶者ビザの時に”恋人に会いに来てました”と伝えても、観光ビザであると、つじつまが合わなくなってしまいますので面倒であっても知人訪問のビザを取得して来日してもらうようにしてください。

 

ちなみにこの短期滞在中に結婚手続きを進め、そのまま配偶者ビザに変更することもイレギュラーなやり方ではありますが可能ではありますので、その際などはビザプロにご相談いただければと思います。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください