高度専門職2号と永住権の違いを理解する!

就労ビザ

高度専門職2号になれる人とは?

「高度専門職2号」と「永住権」の違いはそこまでなく、ともに日本に永住できる点は変わりません。

 

高度専門職2号になれる要件

高度専門職1号で70ポイントの人=3年間
高度専門職1号で80ポイント以上の人=1年間

上記の期間、活動をすれば高度専門職2号のビザ(在留資格)へ変更することができます。

 

では高度専門職2号は、永住権と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?

「高度専門職2号」と「永住権」の違い

①親を日本に呼べるか

高度専門職2号の場合

一定の要件を満たせば、親を日本に呼ぶことが可能です。

 

親を呼ぶことが可能と言っても親が日本に永住できると言う意味ではなく、高度専門職2号の子どもを養育するという目的が必要になります。

子どもとは、7歳以下の子どもを指し(養子も含む)、高度専門職2号の人の年収も800万円以上あることが求められております。

 

 

永住権の場合

永住者は親を日本に呼ぶことができません。(短期滞在は可能)

 

親が日本に来たい場合には、親のビザ(在留資格)を独自で取得することが必要になり、子どもが日本の永住権を持っていることを理由にビザを取得することはできません。

 

②勤務先を自由に変更可能かどうか

高度専門職2号の場合

高度専門職ビザは、あくまでも会社に紐づいているビザなので、高度専門職のポイントが満たなくなってしまったり会社を辞めてしまったりするとビザの要件を満たさなくなってしまいます。

そうなった場合は、ビザ変更をする必要が出てきます。

 

仕事内容にも制限はあり、基本的には専門性のある仕事であれば何でも行うことは可能ですが、単純労働系のお仕事はできないという縛りもございます。

また6ヶ月以上そのようなことが続くとビザの取消対象にもなってきます。

 

 

永住権の場合

永住権は勤務先に紐づいているビザではなく、外国人本人の身分に紐づいているものになりますので、どのような仕事をしても問題はございません。

 

③家事使用人(メイド)が呼べるかどうか

高度専門職2号の場合

下記の要件を満たせば、海外から家事使用人(メイド)を呼び寄せることが可能です。

  1. 世帯年収が1,000万円以上
  2. 13歳未満の子どもの養育目的

 

 

永住権の場合

家事使用人(メイド)を海外から呼ぶことはできません。

日本で日本人や永住者等の家事使用人を雇うことはできますが、海外から家事使用人のビザを取って呼ぶことは永住権の権利の中には含まれておりません。

 

④在留資格の審査期間が違う

高度専門職2号の場合

高度専門職2号の場合には、優遇措置の1つとして審査期間が圧倒的に短いです。

 

申請する場所にもより変わりますが、東京だと1ヶ月~2ヶ月くらいで結果がでます。

とはいえ、永住権の審査と比べると圧倒的に審査結果が出るまでが早くなっています。

 

 

永住権の場合

東京の場合、2020年時点では審査期間は8ヶ月~1年ほどがかかります。

 

以前は6ヶ月ほどで審査が出ていましたが、現在は永住権の申請件数が据えているのと、審査する項目の多さから年々審査でかかる時間は伸びております。

※地方の場合は、3ヶ月ほどで審査結果がでる場所もあります。(例:北海道など)

 

⑤配偶者と子どもの就労制限について

高度専門職2号の場合

高度専門職2号の配偶者(妻 or 夫)は、”特定活動ビザ”に変更することで学歴要件を気にせずにフルタイムで仕事をすることが可能になります。(単純労働はNG)

 

高度専門職2号の子どもは”家族滞在ビザ”になりますので、家族滞在ビザではフルタイムで働くことはできず資格外活動許可を取得して週28時間以内でしか働くことはできません。

 

 

永住権の場合

永住権の場合、子どもは永住者の配偶者等のビザに変更することが可能で、将来的に永住権も取得しやすくなります。

 

これから生まれてくる子どもに関しては、出生から30日以内に永住権の申請を入管に出せば子どもも永住権を取得することが可能となります。

 

どちらの方が取得をしやすいか?

永住権は2019年7月より運用が変わり厳しくなりました。

 

今まで過去3年分の収入(住民税の課税証明書と納税証明書)を審査対象としていたのを過去5年分に変更をしました。(一般の外国人の場合)

他にも、所得税も審査対象になったり社会保険料も2年分見られるようになったり審査がとても厳しくなりました。

 

また審査期間も大幅に伸び、東京入管ですと2020年の平均で約8ヶ月~10ヶ月ほどかかり、人によっては1年かかる場合もあり、すぐには結果が出ません。

 

一方で高度専門職2号の方は、すでに高度専門職1号を持っている人が対象であり、ポイント表にて該当性が程度判断できるので、審査も実際に2週間程度でとてもスムーズに結果出ているので時間的メリットはあります。

 

選択するための基準

個人的には永住権の方が自由度が高く便利かと思います。

 

ですが、実際は下記の4つのうちどれを優先したいかによって、取得すべきビザが変わってきます。

  1. 親に子どものお世話をして欲しいか
  2. 外国人のメイドを雇用したいか
  3. 自由な働き方をしたいか
  4. 住宅ローンを組みたいか

①と②を重要視するのであれば「高度専門職2号」を選択する方がいいです。

③と④を重要視するのであれば「永住権」がいいです。

 

もちろん高度専門職2号→永住権に変更もできるので、子どもが小さいうちは高度専門職2号にして、大人になったら永住権に変えるといったこともありです。

 

また永住権を取得したいという理由の1つに”家を買いたいので住宅ローンを組みたい”という相談もあります。

これは知り合いの不動産会社に聞くと圧倒的に永住権の方が有利ということでした。

 

高度専門職2号も永住権と同等の優遇措置はあるものの、認知度がなくローンを組むという視点からは永住権の方が審査が通りやすいということです。

とはいえ高度専門職2号でもローンを組めるところもあるようでしたので、ローンでお困りの際はまずは不動産会社に相談してみてください。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください