配偶者ビザ申請の流れを把握する

基礎知識

一般的な配偶者ビザ取得までの流れをご説明いたします。

 

Step.1 国際結婚の手続きをする

まずは日本とお相手の国において結婚手続きを進めます。

どちらの国から先に結婚手続きをするかによって結婚証明書の発行を行っていない国もございますので手続きの方法は別途お調べください。

 

[blogcard url=https://marriage.visa-pro.jp/]

 

Step.2 結婚証明書が取得できたら配偶者ビザの書類を収集

結婚手続きが終わりましたら配偶者ビザの申請ができるようになります。

日本で住むための配偶者ビザの申請は、日本にある入国管理局にて行いますので、日本で書類を収集していきます。

 

必要書類について知りたい方はコチラより確認できます。

 

Step.3 配偶者ビザの申請(日本にある入国管理局)

必要書類が揃いましたら、住民登録してある住所の管轄の入国管理局にて申請を行います。

審査期間は申請内容・申請場所・申請方法によって異なりますが、1ヶ月~3ヶ月ほどです。途中で追加の資料提出の指示などがあれば対応します。

 

Step.4 許可通知

入国管理局より許可の通知が届きます。

外国人配偶者がすでに日本にいる場合はこちらで手続きが終了になります。住民登録がまだ終わっていない方は在留カードを取得した後に住民登録をします。

 

Step.5 許可証を配偶者に郵送する

ここからは外国人配偶者が海外にいる場合のみの手続きになります。

認定証明書(許可証)の原本を海外にいる外国人配偶者に郵送します。ビザプロでは場所によっては紛失のリスクがあるので、DHLやFedEXなどをおすすめしております。

※認定証明書は紛失すると再発行ではなく、再申請になります。

 

Step.6 海外にある日本大使館でビザ申請

認定証明書の原本を受け取った外国人配偶者が、その国にある日本大使館に行き認定証明書を使いビザ(査証)申請をします。この審査は約1週間ほどです。

 

Step.7 許可後に来日

ビザ(査証)が無事に下りるとパスポートにビザのシールが貼られ来日が可能になります。

来日の時に成田空港や羽田空港などの大きなハブ空港であれば、その場で在留カードの発行をしてもらえます。地方の小規模の空港であれば後日の発行となります。

 

Step.8 住民登録

日本に無事に入国できましたら、日本人配偶者が住んでいる地区の管轄の役所にて住民登録をします。この住民登録は入国から14日以内に行う必要がございます。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください

アクセス

住所
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-1-7新宿ダイカンプラザA館1123
アクセス
JR「新宿駅」西口より徒歩5分
都営大江戸線「新宿西口駅」D5出口より徒歩1分
西武新宿線「西武新宿駅」より徒歩2分

新宿駅からのアクセス経路

新宿駅の西口にでます。
目の前にコクーンタワーが見えます。

西口に出たら右に進みます。
ユニクロが見えてきますのでそのまま直進します。

思い出横丁が見えてきます。
そのまま直進します。

大ガードの大きな交差点が見えてきます。
交差点を渡り、さらに直進します

直進するとカラオケ館が見えます。

カラオケ館の横に事務所の入り口がございます。こちらの1123号室になります。