ビザプロ(ビジネスビザ)

経験豊富なアドバイザーが
あなたのビジネスビザ申請を
トータルサポート
お客様に合わせた会社設立
ビジネスビザの取得が可能な
会社設立サポート
事業計画書の作成代行
ビジネスを見える化し、
分かりやすくフロー化
安心の完全成果報酬制
再申請無料
不許可時は全額返金
事前予約で初回相談無料! ※土日祝日・夜間も相談OK!
ビザプロ 経営管理とは?
ビザプロ経営管理とは、外国人の方が”日本で起業するため”のビザ申請を専門で行っている行政書士法人サービスです。
日本でビジネスするためには、ビザを取るための会社設立や事業計画書の作成にはポイントがあり
その一連業務をワンストップでサポートが可能となっております。
日本でのビジネスを成功させるリーガルサポートが可能
経験豊富な行政書士が直接対応いたします

日本でビジネスを始めるにあたり、
こんなお悩みありませんか?

会社設立のやり方がわからない
早く日本でビジネスをやりたい
色々調べたが、情報が
いっぱいあり申請が不安
自己申請したが、不許可に
なってしまった
そんなお悩みを私たちが解決します!
ビザプロばれる3つの理由
1
お客様に合わせた
会社形態の提案
株式会社だけでなく合同会社や一般社団法人など、お客様の行うビジネスによって適切な会社設立をご提案いたします。
設立後の、経営アドバイスまでトータルサポートが可能です。
2
事業計画書の作成代行
経営管理ビザで最も大切な事業計画書の作成代行を行います。
貿易や通販・飲食店・ITなど外国人の方が行うことが多いビジネスの実績が多数あり、得意としております。
3
安心の成果報酬制
経営管理ビザの取得に際し、返金規定を設けており、着手金として半額をスタート時にお支払い頂きますが、万が一不許可になってしまった場合は、お預かりしている着手金を全額返金させて頂きます。
料金表
スタート時に着手金として半額お支払いいただきます。
残金は許可後に成功報酬としてお支払いいただきます。
※会社設立費用については全額前金

※不許可の場合は経営管理ビザの費用を全額返金いたします。※再申請は無料で行います。
プラン名 サービス内容 報酬額(税抜)
費用を抑えたい方
ベーシックプラン
※必要書類リストに基づいて、書類を弊社に送るだけ!
※申請代行・結果の受取まで代行いたします
海外在住で、日本で起業する場合(在留資格認定証明書交付申請) 190,000円
経営管理ビザへの変更(在留資格変更許可申請) 190,000円
すでに持っている経営管理ビザを延長する(在留資格更新許可申請) 60,000円
人気No.1
フルサポートプラン
※事業計画書の作成から日本での書類収集代行・書類作成を行い、申請代行・在留カード受取代行までフルサポートします
海外在住で、日本で起業する場合(在留資格認定証明書交付申請) 230,000円
経営管理ビザへの変更(在留資格変更許可申請) 230,000円
すでに持っている経営管理ビザを延長する(在留資格更新許可申請) 80,000円
難易度加算
※不許可の可能性が上がってしまう下記については追加料金が発生いたします
No 内容 報酬額(税抜)
1 自己申請または他社申請で不許可になった場合(再申請)
※前回の申請内容の適合合理性をチェックする必要があるため
40,000円
2 個人事業主の方(会社設立しない場合)
※通常のケースよりも難易度があがるため
70,000円
3 自宅兼事務所の方(一軒家に限る)
※通常のケースよりも難易度があがるため
40,000円
4 留学生が退学して会社設立する場合(出席率悪いor成績不良の場合)
※入管への合理的な説明が必要になるため
40,000円
5 日本人(永住者)の配偶者が離婚して会社設立する場合
※入管への合理的な説明が必要になるため
50,000円
6 60歳以上65歳未満(65歳以上は不可)
※ビジネスを行うことを立証する必要があるため
50,000円
7 その他、当事務所が定めた特殊事案の場合 30,000円〜
8 赤字決算の場合(事業計画書の修正)※更新申請の場合 40,000円
オプションサービス
No 内容 報酬額(税抜)
1 事業計画書の作成(経営管理ビザ取得用)※新規取得の場合 50,000円
2 入国管理局に出頭し、在留カードの受取り代行 20,000円
3 以前の申請書類の開示請求代行(前回申請書類一式など) 20,000円
会社設立費用
詳細 株式会社 合同会社







定款認証印紙0円
※通常は4万円かかります
0円
※通常は4万円かかります
定款認証手数料50,000円0円
登録免許税150,000円60,000円
定款謄本代金約2,000円
※枚数によって異なります
0円
登記簿謄本代金600円(1通)600円(1通)
印鑑証明書代金450円(1通)450円(1通)
そ 費
の 用
他    
当事務所手数料70,000円70,000円
司法書士登記代金本人または協力者による登記
(司法書士の場合:目安40,000円)
本人または協力者による登記
(司法書士の場合:目安40,000円)
総合計約291,050円約131,050円
サポート内容
No 内容
1 経営管理ビザ申請を前提とした会社設立に関するサポート
2 事業目的等の定款の作成
3 定款の認証手続き(株式会社のみ)
4 登記申請書の作成(別途:司法書士に依頼の場合のみ)
5 登記申請(別途:司法書士に依頼の場合のみ)
事前予約で初回相談無料! ※土日祝日・夜間も相談OK!
お客様の声
  • 日本で輸入販売の仕事をしたくて相談しました
    業種:輸入販売
    国籍:中国(男性)
    年齢:27歳
    ビザタイプ:経営管理
    日本で輸入販売の仕事をしたくて相談しました
    Q.依頼しようと思ったキッカケはなんですか?

    ビザ取得の方法を色々調べている中で、電話で問い合わせたところ
    一番丁寧に分かりやすく説明して頂けました。
    最初は自宅をオフィスとしようと思っていたのですが、
    それだとビザが取れないと知り、レンタルオフィスを紹介してもらいました。
    その他にも、分からない点の相談もちゃんと教えてくれたので
    満足しています。

    Q.不安な点はございましたか?

    自分でビジネスをやるのが初めてだったので、ビザのことに加えて
    日本のルールも知らなかったので不安でしたが、私がやりたいことを伝えたら、
    古物商を取らないといけないことも教えていただいて事前に手続きできました。

    Q.最後に一言いただけますか。

    ビジネスの相談にものってくれたので、頼もしかったです。
  • 日本でのビジネス拡大を狙って会社を作りました
    業種:イベント業
    国籍:台湾(男性)
    年齢:48歳
    ビザタイプ:経営管理
    日本でのビジネス拡大を狙って会社を作りました
    Q.依頼しようと思ったキッカケはなんですか?

    日本に台湾文化を広めようと思い、日本でのイベント会社を立ち上げたくて
    相談しました。最初はフリーランスでもいいかなと思っていたのですが、
    内容的に難しいと知り、資本金の関係もあり会社を作ることにしました。
    会社設立からビザまでスムーズに対応頂きました。

    Q.不安な点はございましたか?

    事業計画書の作成が必要と知り、どういう風に作っていいかわからなかったのですが、ビザプロさんで作ってもらえたので安心でした。
    あとは、早くビジネスを始めたかったので、ビザのことはすべてお任せして
    私はビジネスの準備を進めることができたので、ビザもらってからすぐに動き出せました。

    Q.最後に一言いただけますか。

    最初は自分で申請しようと思っていたのですが、もっと早くビザプロに相談しておければよかったなと思います。
配偶者ビザ取得までの流れ
※スケジュールは状況によって変わります。

ビザプロビザ申請をお願いすることで

なんでも相談に乗ってくれて
安心した!
自分で申請して失敗しても
リカバリーしてくれた!
複雑な書類手続きも整理して、
対応してくれた!
まずは相談できるプロが
自分の味方についてくれた!
ビザプロのビザ申請サポートは、
クライアント様のビザ取得の不安を解決し、
日本が楽しい、日本が好きだと思える
お手伝いをさせていただきます!
事前予約で初回相談無料! ※土日祝日・夜間も相談OK!
お問い合わせフォーム


経営管理会社設立その他



事前予約で初回相談無料! ※土日祝日・夜間も相談OK!

※English OK!英語対応も可能です

プライバシーポリシーに同意して問合せする

お電話でもお気軽にお問合せください
03-6908-5872
営業時間:10:00~19:00 365日受付中!